Letting
浸漬

刈り取った茎や枝を束ね、左写真にある
プラスチック缶に入れて漬け込みます。
気温の高い夏期は1ヶ月前後、冬期でも
2ヶ月程度で内部のペクチン・リグニンが
溶け出し、茎や枝には外皮と繊維、芯
だけが残ります。


写真左:オクラの漬け込み
写真右上:ハイビスカスの漬け込み
写真右下:腐食して外皮と繊維、芯だけになった
       ハイビスカスの枝部