Spreading
開繊

糸を作るために繊維を細く、短くしていきます。
写真の開繊機を使うのは、綿と混ぜてある程度均一な糸を作る
場合です。
ハイビスカスやオクラは2回この機械に通して、3〜5mm程度の
繊維にします。

写真右上の繊維が、開繊機を使うことで右下の写真のように
細かくなります。